LINTONとハリスツイード

ハリスツイードって、最近流行りですよね。小物に誇らしげにタグが貼ってあって、たぶん、そのタグは使う場合は外すタイプのものだと思うけれど、誇らしげにつけたまま。外しにくいのも確かで。

これまで日本でだって、いろんなツイード生地はあったのに、「そうそうコレ!」とみなに知らしめたのがこのHarris Tweedです。日本人はとうの昔から、Harris Tweedは映画やらドラマやら、雑誌などで「スタイリスト私物」で見せられていたけれども、そのブランドが分からなかったのが現実でしょう。しかしひとたびそれが「Harris Tweed」とわかると、なんでもハリスツイードで作る。我が家のスリッパもそうです。

 

これと全く同じ現象が、シャネルスーツに使われている「LINTON」のツイード。これも、「ああ、シャネルに行ったらこんな布使った服売ってる!!」と、思わざるを得ない、素晴らしい生地。

シャネルがシャネルスーツを作ったんではなくて、リントンのツイードがシャネルスーツを可能にした、とも言えるのではないかと思います。

私は、日本人が世界の素敵なものをいろんな場面で見せられて、素敵なことはわかっているが、それをどこに行けば買えるのかが分からないという不幸が、今後どんどん、なくなっていくんじゃないかと思っています。

アデラインの家具もそうで、さんざん見ている素敵なアメリカドラマ、イギリスドラマのインテリア、日本でだって買えるのよーと、お伝えしたいのです。

「本物」は、見た瞬間にわかるのです。

 


インテリアショップランキング