ローラのおすすめスウィブルチェア

  アメリカで買い付けに行った時、相手方が非常に勧めてくるのに、インテリア好きの私とガイドが、「えーーーー」と言った、家具がありました。

 
 SWIVEL CHAIR(スウィーベル・チェア)です。
 
どん。

 

 こんなにエレガントなのに、自慢の360度回転。ローラ曰く「これ、本当にすっごい便利で人気。サンプルに絶対入れた方がいい。ソファの人とお話も出来るし、クルっとすればテレビも見られるし」なのですが、ガイドと私が二人で「いやいや、日本人はアメリカ人ほどレイジー(怠け者)ではないので、いちいち椅子を動かすんですー」と言い張ったのですが、「いやいや」「いやいやいや」という押し問答を、3回ぐらい繰り返しました。
 
 というわけで、サンプルから外したのですが、日本で数人に聴取したところ、「それは便利なのでは」という人ばかりでした。あら?世間は結構実用性で考えるのね。あと、両親の生活を見ていても、「回る方が喜ばれる可能性が高い」と思い始めました。
 
 普通のアームチェアが回るというだけなので、往年の黒いマッサージチェアのような悲しさは漂わない、と思います。また、別ルートから聞けば、このスタイルの家具は、これまた世界中で流行っているとのこと。
 
 しかも!アデラインのスウィーブルチェアは、珍しく「360度回転」です。
 
 ヨーロッパものでは180度が大半な中、アデラインでは360度回ります。ぐるぐる回ります。それも、カラカラ回るのではなく、スムーズに静かにしっとり回ります。
 
 しかもラインナップが超豊富。

 新製品で、超コンパクト(とはいえアメリカン)な「スウィーブルチェア」も登場しました。

 見慣れてくると、「そりゃ回る方がいいんじゃないかしら」という気がしてきたので、ご紹介します。わが家にも入れてみようかと検討中。

 ところで、アデラインの家具は、11日に、計18点、LA港を出港いたしました〜♪

 3月6日までに通関手続きを終了し、8日に目にもとまらぬ早業で東京港へ迎えに行きます。今は運送会社と「インボイス」なるものでバトル中。すごい細かいことを聞いてきます。
日通さんは、運送業界の朝日新聞のようなところだ。
 アメリカはなんでもいつでも、インチとフィートとパウンドで、世界の真ん中で独自ルールを貫いている「ド田舎」感を、しみじみと感じちゃいます。
いつも応援ありがとうございます。
下のボタンをポチっと押して行ってください。

インテリアショップランキング
にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村