自宅はマスクをしなくていい唯一の場所

コロナですね。

マスク、暑いですね。

最近、本当に「いやだなー」と思います。

それから、マスクをつけることを忘れます。でも、今のご時世、マスクは外で簡単に購入できないわけですから、忘れたらどこまで行っていても「家に帰る」か、ナシで過ごすか、どちらかしかありません。ナシで過ごす、といっても、仕事で外出する場合は、マスクをするのも重大なマナーなので、家に帰るしかありません。

だから、今好きなのは自宅と車(笑)。

マスクつけておしゃれしても、仕方なくないですか?

マスクで顔の3分の2が隠れるのに、お化粧したって、仕方なくないですか??

それに、マスクするとイヤリング落としませんか?私は絶対に落とします。もう何個も無くしました。。。SARSの時にもたくさん無くしました。

ああっ!イヤリングにはいろいろこだわりがあるのに。。。

だから、自宅を快適にするため、また引越しもしたので、マメに家の掃除や整理整頓をしています。

そして、

じゃん。アートを買いました。伊藤朋子さんの『待っている間を楽しく過ごす』です。夜はもっとボウっと筆づかいが強く感じられます。

3月から住んでいる、築30年のデザイナーズマンションである我が家は、どうしたことか、本当に窓ばっかりの家で、リビングには壁がここにしかありません。

それなのに、前に持っていた絵だと貧相に見えまして。

前から気になっていたこの絵を買いました。

お化粧しても、おしゃれは1日。だけど、部屋はきれいにするとずーーーーっとその状態が保てます。お得。服のおしゃれはある意味、自分の快適さを犠牲にしますが、家のおしゃれは自分を大事にすることになります。むしゃくしゃしたら、「捨てなくちゃ」と思っていたものを処分して、絵を一枚。

お部屋を天国にしましょう。